解決済

食事療法、IBSと内分泌(橋本病)東京

質問者 30代 女性
2018/12/27

35歳、女性です。私は昨年の二月頃たまたま整形でとったレントゲンで下腹部に無数の小さな石灰化がみつかり、消化器内科にかかりましたが原因はわからず。ただCTでかなり重度の便秘なのがわかりました。ストレスがかかると確かにまったくでなくなる、あるいは、下す痛みだけがありほとんどでない渋り腹になっていました。色々試した結果、完全無欠コーヒーで油分を多量に取り、糖質を1日50g以下にする食生活にしたところ、驚くほど出るようになり五種類飲んでいた下剤も要らなくなりました。発酵食品が好物でもあり整腸作用を期待して若いときからたくさん食べていましたが、その日ではない効き目でした。他の不調(ほぼ半月続く子宮内膜症による腹痛、股関節痛、腰痛、だるさ、不眠症)もかなり軽くなりました。張り切ってジムがよいもし、なんとかそのまま上向きに持っていこうとしたのですが、、、徐々に効き目が薄れてきて、不定愁訴がひどくなったため甲状腺の疾患を疑って検査したら橋本病でした。ホルモンの数値上、低下症ではないのですが、かなりだるくて元気がでません。甲状腺専門医のところで受けた血液検査でLDLコレステロールが205だったため(中性脂肪は正常。むしろ少し低め。)、脂質中心食から普通の食事に戻したら、ますますひどくなり、使い物にならない自分に情けなくて涙が出ます。今も胃痛があり、数日大根がゆで過ごしてもよくならないので、豚の厚切りを食べたら収まりました。思いきって肉を食べるとよくなるということが昔からよくありました。LDLコレステロールが205もあるのが心配なのてすが、また脂質中心食にすべきか迷っています。

IBSのことを調べていたら、内分泌の以上を併発する方もいると言う記述があったのですが、私のような症状のものの力になってくださるお医者様はどこを訪ねればよろしいでしょうか。ご回答よろしくお願い致します。

Locasさんの回答(看護師)

経験診療科:一般内科、整形外科・形成外科、呼吸器科、精神科、リハビリ科、その他(眼科、耳鼻咽喉科など)

2018/12/28

質問者

分かりづらくてすみません。それぞれに相談するということに違和感を覚え、総合的におわかりになるお医者様を探しているというのが質問の主旨です。
例えば、甲状腺専門医は、「コレステロールただけが異常に高く、中性脂肪が正常値というのは甲状腺疾患の典型的所見」と、初診では断言していたのに、ホルモン値が正常範囲内とわかるや否や、「日本古来の食事をして、規則正しい生活を」と突き放されました。

消化器内科でも上からも下からもカメラを入れましたが原因不明。便秘なら下剤。それだけでした。事の発端となった無数の石灰化に関しても、分からない。それで終わりでした。
最初は不定愁訴が多いので、心療内科や精神科にもかかり、IBSでよく処方されるベンジゾアゼピン系の薬はもちろん、メジャートランキライザーも試しましたがどれも合わず、かえって具合が悪くなり「心療内科のストライクゾーンの患者ではない」と突き放されてしまい、ある医師には「数値を見る分には働けないほどだるいはずがない、自己愛型回避性人格障害だと思う」と言われて傷つきました。

人体は各臓器同士が関与し合って運営されていることは、上野の人体展やNHKの特集番組「人体」でもすでに広く知られていることなのに、自分の専門臓器の標準的な検査でわからなければ、「よく寝てよく動いてよく食べれば治る、僕は知りません」という態度はあまりに乱暴というか前時代的に感じています。何が原因かわからない人間を総合的に見てくれるお医者様にはどこに行ったら会えるのでしょうか。

2018/12/28

Locasさんの回答(看護師)

経験診療科:一般内科、整形外科・形成外科、呼吸器科、精神科、リハビリ科、その他(眼科、耳鼻咽喉科など)

2018/12/31

質問者

先程のコメントの最後の段落にかかれていることについてはどのようにお考えですか?それでもやはり、部位毎完結で勉強するので手一杯だ、というお考えでしょうか。

だとしたらお話しする意味がないので、今後のわたしの書き込みへのコメントは遠慮頂きたいです。
 
なお、自己愛型回避性人格障害は、その次の院で明確に否定されました。(人格障害と診断した医師は、30を過ぎ結婚せず子供をなさないの女はすべからく幼稚で人格に問題がある、と、このご時世に断言される方でしたので、そのせいかと思います。)

医療現場は常に人手不足で、身を粉にして従事されている方々には本当に頭が下がりますが、一方で決めつけや思考停止によって、原因が判明しにくい疾病と戦う患者は、怠け者や人格障害者と同じにくくられ傷つきながら自分で勉強し、症状を緩和して生きています。正直Locasさんとお話ししていて悲しい気持ちになりました。今人知の及ぶ疾病がすべてではないですよね?もう少しそうした人間の苦痛に思いやりをもって接していただけませんか。なるカラはもうやめます。それでは。

2018/12/31